国原譜

 春本番の陽気となり、県内各地の観光地に、大勢の人が訪れた。気温も22度を超えたから、汗ばんで、冷菓の売れ行きも好調だったようだ。

 極端な寒さと暖かさで、体調管理に気をつけねばならないが、列島全体をみると、西日本や日本海側は、記録的な寒さだったし、地球規模でおかしくなっている気がする。

 それを思うと奈良は恵まれているといえる。千数百年前に飛鳥地方や奈良の平城京に都を築いたのは、やはり住みやすく暮らしやすい優れた環境だったからだろう。

 間違いなく起きるという南海トラフ地震も、紀伊半島のど真ん中に位置する奈良県も逃れることはできないが、まだ心のどこかで油断しているように思う。

 まもなく東日本大震災から7年になる。東北で発生した地震が、この奈良の地でも揺れを感じるほどの巨大なものだった。そしてテレビが報じた大津波や原発事故の恐ろしさに震えた。

 現地の皆さんは今も復興に向けた戦いを続けている。自然災害は、忘れたころにやってくる、と言われるように、日ごろの備えと準備を忘れてはなるまい。(治)

 

 

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カメラムック「花の新しい撮り方」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド