国原譜

 吉野山の金峯山寺蔵王堂で、威勢よく「福は内、鬼も内」の掛け声とともに豆まきが行われた。訪れた参拝者らからも歓声が上がった。

 各社寺で行われる節分行事は「鬼は外」だが、同寺は役行者が鬼に仏法を説いて弟子にしたという故事から、「鬼も内」としている。鬼は悪鬼ばかりではない。

 土俵の鬼とか鬼才ともいうし、優れた才能を鬼と表現している。しかしながら、表面は温和であっても内面は鬼のような人もいる。鬼といわれれば、やはり悪者といえよう。

 現実の世間は、そんな鬼があふれている。百鬼夜行とはよくいったもので、身近に大勢いることを自覚せねばなるまい。言葉が巧みな人は要注意ともいえる。

 すべてではないが、話がうまい政治家の皆さんのことを思ってしまう。初当選のころの気持ちを忘れ、任期を重ねるたびに、錯覚するようだ。「鬼は外」と言われないようにしてもらいたい。

 節分が終わり、きょうは立春。まだまだ寒い日も続くが、春の足音が聞こえてくる。インフルエンザも大流行という。乗り越えていきたいと思う。(治)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ギターとチェンバロの演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:テーネ・ザール
当選者数:6人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド