国原譜

 中国科学院のチームがカニクイザルのクローン2匹を誕生させたという。21年前に英国でクローン羊の誕生が公表された時よりも衝撃は大きい。

 牛や豚と違って、人と同じ霊長類だけに、ついにここまできたかという思いと、もしかして人間でも実験が行われているのではないかと勘ぐる。

 まったく同じ細胞で、そっくりな人間を誕生させたとしたら、人間は犯してはならない領域に踏み込んだことになる。たとえ双子であっても別人格で、それぞれの人生がある。

 昨年来の人口知能(AI)の進歩も、そのスピードは、想像をはるかに超えているようだ。便利さを追い求め続けた結果が、人類をとんでもないところに運んでいるのではないか。

 普通なら小動物の誕生は心温まるものだが、写真で見るサルのあどけない顔は、悲しみを誘う。医療のためとか理屈はついても、納得できないものがある。

 奈良では平城宮跡で大立山まつりがスタートし、今夜は若草山の山焼きがある。古都に春を呼ぶ行事だ。何となくすっきりとしない気分を、吹き飛ばしてほしいと思う。(治)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド