国原譜

 フォークソングブームがあった時代、「京都フォーク」を代表する存在だったのが、ザ・フォーク・クルセダーズだった。そのメンバーの一人、はしだのりひこさんが2日、72歳で亡くなった。

 フォークルは一世を風靡(び)した「帰って来たヨッパライ」や、「悲しくてやりきれない」などのヒット曲で知られた。解散後は「―とシューベルツ」で「風」、「―とクライマックス」では「花嫁」とヒット曲を連発した。

 妻が大病になった時は、“主夫”として話題になった。ここ10年ほどはパーキンソン病と闘いながらも、体調のいい時は歌っていたという。

 今年4月、京都でのライブで、元メンバー・きたやまおさむさんとの45年ぶりの共演が最後となった。45という数字に、音楽シーンや社会の時の流れの早さを感じてしまう。

 フォークル時代の「イムジン河」を含む曲の数々は、京都を舞台にした大和郡山出身、井筒和幸監督の映画「パッチギ!」で使用され、重要な役割を果たしていた。

 これらの曲は、今後も歌い継がれていくだろうが、今の時代にそうした歌がないのが寂しい。(恵)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド