国原譜

 「万葉集の恋は一人悲しい『孤悲』ですから、ロマンチックな恋とは少し違うんですね」。万葉集に詠まれた故地の9割を訪ねたという研究家の二川暁美さんに、そんな話を伺った。

 二川さんが訪ねた故地は約1800カ所。万葉集の講座も開いており、甘い恋より「孤悲」の方が耳を傾けたくなる。

 孤悲といえばこの人もか。10日公示の衆院選に臨む民進党の前原誠司代表は、代表就任直後の解散騒ぎで離党者が相次ぎ、名を捨ててまで臨んだ希望の党との合流も、公認希望者の選別という結果を招いた。

 前原代表を関ケ原合戦の石田三成に重ねる人がいる。巨大な自民党は徳川家康といったところだろう。敗れた三成が斬首の瞬間まで打倒家康の悲願を捨てなかった話は有名だが、前原代表の思いも相当強い。

 選挙を前に別の政党に駆け込む政治家を渡り鳥というらしい。反徳川勢が結集したはずの西軍も、裏切りと日和見の温床だった。

 呼べど叫べど有権者に届かない「孤悲」は政治家にとって最も悲しい。解散に始まる打算の連鎖を見れば、せっかくの訴えも袖にしたくなる。(増)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド