国原譜

 愛媛県松山市の道後温泉に、別館「飛鳥乃温泉(ゆ)」が26日にオープンする。玄関の看板を法隆寺の大野玄妙管長が揮毫(きごう)するなど、松山と奈良の縁がまた深まった。

 聖徳太子が道後温泉を訪れた伝承にちなみ、別館は飛鳥時代の様式で建てられた。写真では、桜井市で見つかった山田寺の回廊や法隆寺夢殿など、さまざまな要素が取り入れられたように見える。

 古代の飛鳥から道後温泉を訪れたのは聖徳太子だけではない。百済救援軍を指揮するため船で九州に向かった斉明天皇もその一人だ。日本書紀によると2カ月ほど滞在したらしい。

 斉明天皇は同じ年に福岡県の朝倉宮で死去しており、先を急ぐ旅での長期滞在は、温泉で体の不調を癒やすためだった可能性があるという。

 「柿くへば―」の句で知られる正岡子規も松山市の出身。瀬戸内海が隔てる四国・松山と奈良の縁は案外深い。斑鳩町は昨年、松山市と観光・文化交流都市協定を結んだ。

 古代から飛鳥の貴人を癒やしてきた道後温泉。「飛鳥乃温泉」のオープンで、その縁がさらに認識されると期待したい。(増)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド