国原譜

 野党連携のあり方などを争点にした民進党の代表選。前原氏の当選で新たな合従連衡が動き出すのか。県内では馬淵氏の対応にも注目が集まる。

 戦後、日本の政治は自民党を軸に回ってきたように見える。それは古代中国で秦に対抗して繰り広げられた権謀術数に似ていると言えなくもない。

 だから合従連衡。2年前の参院選では戦争法廃止を合言葉に当時の民主党や共産党などが各地で候補を一本化、成果を挙げたが、県選挙区は自民党が議席を奪還、野党共闘の評価は分かれた。

 その参院選で統一候補として戦った前川氏は、次期衆院選に向け、民進党公認で2区からの出馬を表明。共産党も県内3選挙区に候補をそろえた。

 今後の調整は中央次第。安倍政権が揺らぎ始め、与党の引き締めを求める声が出る一方、県内でも非自民の受け皿づくりに期待が高まっている。ただ県から遠い東京の動きなどは見えにくい。

 さて合従連衡の行く先は。手段と目的を間違えることだけはないように。そして県内自民党の候補調整も決着を急いでもらわねば。衆議員の任期切れまで残り460日余り。(松)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド