国原譜

 富山市の機械メーカーの会長が「富山で生まれた人は極力採らない」と記者会見で発言し、波紋を呼んでいる。同県出身者は「閉鎖的な考え方が非常に強い」というのだ。

 本県から遠い県なので、県民性には詳しくない。しかし、富山といえば全国に薬を売り歩いた配置薬の産業で知られる。一様に閉鎖的と指摘するのは奇異な気がする。

 奈良の県民性は「温厚、のんびり」とされることが多い。それによって企業の担当者から「競争に向いていない」と採用されないようなものだ。

 個人個人をひとくくりにして、あるステレオタイプのレッテルをはるのは、とんでもない危険な考え方だ。イスラム教の国イコールテロリストもそうである。

 イラン人監督ファルハディ氏の映画「セールスマン」を見た。近代化する首都テヘランを舞台とした心理サスペンス。「イスラム独特の風習、生活があるのでは」との先入観が吹き飛んだ。

 都市に暮らす人々は、我々と同じように働き、苦しみ、悩み、笑い、涙する。“イスラム逆風”の米国でアカデミー外国映画賞に輝いたのは、良識の勝利だろう。(栄)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド