特集奈良ラーメン探検隊活動中!

経済

草刈り機と用紙が新沢小に寄贈 橿原の「美匠」と三十三銀・私募債

関連ワード:

寄贈品と(左から)黒松校長、中西代表、上林支店長=22日、橿原市一町の新沢小学校

 「墓じまい」を手掛ける「美匠」(奈良県橿原市川西町、中西あざみ代表)と三十三銀行(本店・三重県四日市市)は22日、橿原市一町の市立新沢小学校(黒松敏行校長)に、草刈り機1台とコピー用紙一式を寄贈した。同行の社会貢献型私募債「ともに、羽ばたく。」を活用した。

 

 同私募債は、法人顧客の資金調達手段の一つである私募債の発行に際し、発行手数料の一部を利用してSDGsの目標達成に取り組む組織・団体に物品を寄贈し、地域貢献を図る。

 

 同校は中西代表の息子・娘の母校。寄贈された草刈り機は運動場の草刈りに使用し、コピー用紙は授業などで使う。

 

 この日、同校で贈呈式が開かれ、中西代表は「子どもの母校である新沢小学校に恩返しさせていただくとともに、SDGsの4番目のゴール『質の高い教育をみんなに』の達成につながれば」とあいさつ。黒松校長は「教育のために大切に使わせていただく」と感謝した。同行桜井支店の上林直樹支店長は「今後も地域に役立つ活動をしていきたい」と話した。

関連記事

特集記事

トレンドワード

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド