特集奈良の鹿ニュース

社会

強盗傷人罪の男ら懲役3年 奈良地裁判決

関連ワード:

 パチンコ店に隣接する景品交換所の前で、女性の頭を警棒のようなもので殴り、金品を奪い取ろうとしたとして、強盗傷人の罪に問われた大阪市住吉区長居1丁目の無職の被告(21)と、大阪市平野区西脇3丁目の防水工の被告(21)の裁判員裁判の判決で、奈良地裁(沢田正彦裁判長)は24日、両被告に対していずれも懲役3年(求刑懲役6年)を言い渡した。

この記事の残り文字数:233文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

トレンドワード

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド