社会

3年ぶり航空自衛隊奈良基地祭

関連ワード:

統率の取れた行進を行う幹部候補生=11日、奈良市法華寺町の航空自衛隊奈良基地

「空自」訓練 間近で

 

 奈良市法華寺町の航空自衛隊奈良基地で11日、基地祭が3年ぶりに開かれた。約6000人の家族連れらが訪れ、訓練や展示装備品の見学などを通して航空自衛隊の活動の一端に触れた。

 

 施設を一般開放し、周辺住民らに航空自衛隊への理解を深めてもらう目的で毎年開催。過去2年間は新型コロナウイルスの影響で中止を余儀なくされた。

 

 観閲式訓練では、同隊の山本光伸幹部候補生学校学校長兼奈良基地司令(空将補)や県選出国会議員ら来賓、多数の来場者が見守る中、幹部候補生220人が行進。統率の取れたきびきびとした動きに大きな拍手が送られた。

 

 同訓練のさなかには、T―4練習機2機とC―2輸送機が上空を飛行。武器を持った基地への不法侵入者に対応する警備訓練も披露された。

 

 また地対空誘導弾パトリオットミサイルの発射機、レーダー装置などの展示や手づくり飛行機教室、資料館開放なども実施。来場者は思い思いに基地での一日を満喫していた。

「観光・催し」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ