政治

奈良県知事、まん延防止適用なお慎重姿勢  滋賀など3県が追随

関連ワード:

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染急拡大で、政府はきょう25日、大阪や京都、兵庫など18道府県について、まん延防止等重点措置の適用を決定する。これで全国30都道府県以上で同措置が適用される。しかし、荒井正吾知事は同措置の適用要請について「感染者数の減少に効果がないという考えは変わっていない」と否定的な意見を貫く。荒井知事の姿勢に年明けから滋賀や愛媛、山梨の3県が追随。重点措置の効果に疑義を唱え、適用要請に慎重な姿勢を示し、奈良県と同様の方針に転換しようとしている。行政の対策は手探りの状態が続くが、奈良県を中心とした新たな動きに注目が集まる。

 

 感染力が強いとされるオミクロン株が猛威を振るい、全国的に昨年末から感染拡大が続く。県内でも今月17日に1日の新規感染者数が395人となり昨年の「第5波」を上回った。さらに20日には初めて500人の大台を超え、509人が新型コロナに感染したことが確認された。

この記事の残り文字数:961文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「新型コロナ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ