社会

廃棄のグローブ端材で小物 三宅町、県立大、JTが連携

関連ワード:

革の端材で作ったコインケースを紹介する県立大の学生ら=13日、三宅町伴堂のミーモ

 三宅町の地場産業である野球用グローブ・ミット製造の製造工程で出る革の端材の活用方法を大学生が提案し、あす18日、同町伴堂の町交流まちづくりセンター「ミーモ」で開かれる同施設のグランドオープンイベントで披露する。県立大学(奈良市)の学生がアイデアを出し、日本たばこ産業(JT)の技術面での支援で具現化した。

 

 同大地域創造学部の神吉優美教授のゼミ生19人がSDGs(持続可能な開発目標)の観点から三宅町をフィールドに地域課題の解決に挑んだ。グローブなどの端材はこれまで大半が廃棄処分されていたという。

この記事の残り文字数:522文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「三宅町」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ