総合

平日3時間以上177人 - 県教委、生徒を支援へ/ヤングケアラー県教委調査

 県教育委員会は14日、ヤングケアラー等に関する実態調査の結果について発表した。県内の公立中学3年生約1万500人と、公立高校生約2万2900人を対象に初めて実施。週3日以上、平日3時間以上、家事や家族の世話を行っている生徒が中学3年生で76人、高校生で101人の計177人に及ぶことが分かった。県教委はこうしたヤングケアラーの疑いのある生徒を支援するとともに、今後も調査を継続して実態把握に努める。

 ヤングケアラーとは本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っている子どものこと。調査は6月16日~30日の期間に行い、回答率は中学生が86・8%、高校生が67・2%。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ガイド本「御朱印でめぐる全国の聖地」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報