総合

対策費が交付金超え - 奈良市 差額10億円以上に/新型コロナ

 奈良市が本年度実施している新型コロナ対策の事業費44億7698万6000円に対し、これまでに国が財源として示した臨時交付金の限度額が1、2次を合わせ34億3787万2000円と10億円を超える差額が生じていることが12日、分かった。市は「交付金を使い切るため、ある程度事業費の方を膨らませている」とするが、執行額が臨時交付金の配分額を超えた場合は財政調整基金(財調)などを充てることになる。市の貯金に当たる財調は9月末現在の見込み額が14億3144万円で、全国の中核市(60市)で最低レベル。市の財政事情は緊迫の度合いを増している。

 11日の市議会総務委員会(太田晃司委員長)で内藤智司氏(改革新政会)が取り上げた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

郡山城跡での盆梅展の招待券

過去の大和郡山盆梅展の会場風景
提供元:大和郡山盆梅展実行委員会
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報