経済

水溶性切削油を開発 - 業界初 環境配慮、劣化防ぐ 好評「貢献したい」/上牧の「マコトインターナショナル」

「イノベーションしないと生き残れない」と話す池田会長=14日、上牧町中筋出作のマコトインターナショナル 拡大

 金属加工油製造などの「マコトインターナショナル」(上牧町、田中康裕社長)が、業界初の水溶性切削油「MICROCOOL(マイクロクール)(R)」を開発した。これに伴い葛城市忍海の第二工場・物流倉庫を拡張。今年6月に新物流倉庫が完成し、製品化への対応を整えた。創業者の池田誠治会長(76)は「劣化しにくく環境にも優しい、願っていた製品ができた」と自信をのぞかせている。

 金属加工油は、金属の切削時などに使用する加工油。従来品は界面活性剤が油成分を乳化させるため、泡が立ったり、油水分離性が低下したりし、手荒れや腐敗の原因にもなった。

 同社の新製品は、神奈川大学の特許技術「三相乳化技術」を活用。界面活性剤を含まない加工油を生み出した。同油は高度の低発泡性や油水分離性能、防さび、耐腐敗性などで高圧噴射による切削性能の向上や、油や工具の長寿命化といった利点を持つ。

 同社は昭和63年に設立。現在は自動車部品製造業などの全国約300社と取り引きがある。ただ新型コロナウイルス感染拡大で操業を停止した工場では、加工油の腐敗もあったという。池田会長は「マイクロクール(R)は、採用していただいた企業には好評」と話す。また今後については「今回の新技術で産業界に貢献したい。10年後に売り上げを3倍にするのが目標」と意欲を見せている。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

上野耕平サクソフォンコンサート招待券

上野耕平
提供元:学園前ホール
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介