総合

おむつ回収スタート - 市立保育園など17園で保護者の負担軽減/奈良市

使用済みのおむつを回収する市環境部の職員=12日、奈良市宝来3の市立伏見保育園

 奈良市は12日から、市立保育園と、0~2歳児が在籍するこども園計17園で使用済みの紙おむつの回収サービスを始めた。これまでは保護者が持ち帰っており、「荷物がかさばり大変」などの声や、不衛生を懸念する意見もあった。市は保護者の負担軽減を目的に、令和2年度当初予算で約2170万円を確保。市保育総務課によると、県内12市での導入は初めてという。

 市によると、同サービスの対象は約750人で、回収されるおむつの量は年間で約190トンと推計される。市環境部が給食の材料の残り物と一緒に回収し、市環境清美工場で焼却処分する。当初は委託事業として行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、時期と手法を見直した結果、回収に関しては清美公社などが行う一部を除いて市直営で実施することになった。…

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ