総合

色づく季節へ - 実るギンナン きょう秋分/天理

黄色い実が実り始めたイチョウ並木=天理市川原城町の同市役所前 拡大

 きょう22日は、二十四節気の「秋分」。夜と昼の長さが等しくなり、この日を境に「冬至」に向けて夜がだんだん長くなる。また、彼岸の中日でもあり「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるようにしだいに秋が深まる。

 天理市役所周辺のイチョウ並木では、ギンナンが実り始めた。日当たりの良い木ほど早く成長しているが、地面に落ちるのはもうしばらく先。

 イチョウは約3億年前のベルム紀に出現した、世界最古の生きている植物で、「生きた化石」とも呼ばれる。雌雄異株で雌の木にギンナンができる。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

上野耕平サクソフォンコンサート招待券

上野耕平
提供元:学園前ホール
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介