総合

森谷貫首の晋山式 - 「先師らの偉業継ぎ精励」興福寺

晋山奉告文を奏上する森谷貫首=24日、奈良市登大路町の興福寺中金堂(代表撮影) 拡大

 奈良市登大路町の興福寺で24日、昨年9月に就任した森谷英俊貫首(70)の晋山式が営まれた。中金堂で奉告法要があり、本尊・釈迦如来坐像に就任を報告した。

 森谷貫首は先導する式衆に続いて本坊を出発すると、中門跡を通って中金堂まで行列。晋山奉告文(ぶこくもん)の奏上では、創建以来、焼失と復興を繰り返して平成30年10月に中金堂が再建された寺の歴史を振り返り、「先師らの偉業を継ぎ、本願ならびに法相先賢の勝業にのっとり、三法の興隆を希求し精励を誓う」と決意を述べた。

 法要後、森谷貫首は「多川俊映前貫首は天平伽藍(がらん)の復興を掲げられた。私たちもそれを土台としてさらに発展させていきたい」と語り、教学の振興などに意欲を示した。

 晋山式は当初3月を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために延期していた。法要は関係者の代表のみで行われ、披露宴は時期をあらためて開く予定。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

プロ野球・金子侑司選手の公式本

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介