総合

海自が届けた生徒の思い - 後輩に伝える「あのとき」/阪神大震災25年

震災直後、自衛隊の協力でおにぎりを被災地に届けた経緯などを紹介する展示=17日、天理市杣之内町の天理中学校 拡大

 6434人が亡くなった阪神大震災は17日、平成7年の発生から25年となった。県内でも防災啓発などが行われ、災害への備えを新たにした。震災直後、海上自衛隊の協力で被災地におにぎりや救援物資を届けた天理中学校(天理市杣之内町)は、当時の写真や被災地からの礼状を校内に展示、きょう18日には教諭2人が徳島県小松島市の海上自衛隊・小松島航空基地を訪ねて感謝の気持ちを伝えるという。

 天理中学校では25年前、阪神大震災のニュースを見た生徒会役員の女子生徒が被災地におにぎりを届けることを発案。道路輸送が困難な中、生徒の思いをかなえようと学校側が奔走し、自衛隊のヘリコプターでおにぎりを届ける話がまとまった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

奈良の味のポテトチップス

プレゼント写真
提供元:カルビー
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介