総合

田原小中を「特認校」に - 「校区外」登校が可能 不登校問題に対応/新年度から奈良市地域の特性生かす

地域の特性を生かした田原小中学校の授業=奈良市 拡大

 奈良市は令和2年度から同市田原町の市立田原小中学校(宮久保忠典校長、58人)を「校区外」からの児童・生徒の登校が可能な「特認校」とし、就学希望の小中学生を受け入れる。特認校制度は大津市(滋賀県)や神戸市(兵庫県)、亀岡市(京都府)などのほか、県内でも天理市、大和郡山市が既に導入しているが、奈良市では初めて。

 仲川元庸市長は「地元の学校に通うだけが唯一の選択肢でない。児童生徒数が減り、過小規模校となった市東部地域の学校に再び子どもたちの元気な声がこだまし、校区外の住民との交流や奈良の奥深い魅力を知ってもらうことにつながれば」と期待する。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

山田姉妹ソプラノデュオコンサートの招待券

山田姉妹の山田華(左)と山田麗
提供元:学園前ホール
当選者数:3組6人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介