総合

三尊も迎春準備 - 薬師寺で「お身ぬぐい」/2019 師走

僧侶らによってぬぐい清められる国宝の薬師三尊像=29日、奈良市西ノ京町の薬師寺 拡大

 正月を目前にした29日、奈良市西ノ京町の薬師寺で、仏像のほこりや汚れを落とす「お身ぬぐい」が営まれた。加藤朝胤管主ら同寺の僧侶11人と、「青年衆」と呼ばれる奉仕の学生約50人が参加。約200人の参拝客らが見守った。

 正月の仏前に備える餅を蒸した残り湯と、信者から寄進された浄布を使用。金堂では、読経の声と拍子木の音が響く中、若手の僧侶4人がはしごに登って本尊の薬師如来坐像と日光・月光両菩薩立像(いずれも国宝、奈良時代)を丁寧に磨き上げた。

 このあと大講堂や東院堂(国宝)でも同様に行われ、新しい年を前に境内各所が清められた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

マンモス展の招待券

「ユカギルマンモス」(頭部冷凍標本)特別重要文化財(ロシア連邦)
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介