総合

修正予算案を可決 - スポーツ施設構想策定の債務負担削除/橿原市会委

 橿原市議会の予算特別委員会(佐藤太郎委員長、11人)が11日開かれ、令和元年度一般会計補正予算案のうち、スポーツ施設活用整備基本構想策定費2750万円(限度額)の債務負担行為(期間=令和2年度)を削除する修正案を賛成多数で可決した。市は県が令和12年ごろの市内開催を目指す国民体育大会(国体)を視野に入れ、この債務負担行為を盛り込んでいた。23日の本会議に報告され審議される。

 2順目となる国体の県開催を見据え、荒井正吾知事は今年6月の県議会定例会の中で、橿原市営の橿原運動公園を主会場の第一候補地とする考えを表明。県営の橿原公苑と運動公園の施設、敷地を交換して、第1種陸上競技場など開会式会場となる施設を運動公園内で整備する案を明らかにした。橿原公苑と運動公園を一体的に捉え、県と市が連携して活用していく考えも示していた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

山本二三展の招待券

天空の城ラピュタ「荒廃したラピュタ」 1986年 (C)1986 Studio Ghibli
提供元:佐川美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介