総合

両陛下神武陵ご参拝 - 沿道1万4500人歓声、何度も手を振られ 京都へご出発/「親謁の儀」

神武天皇山陵を参拝された天皇陛下=27日午前10時33分、橿原市大久保町(代表撮影) 拡大
「親謁の儀」のため神武天皇山陵に到着された天皇、皇后両陛下=27日午前10時14分、橿原市大久保町(代表撮影) 拡大

 26日に来県された天皇、皇后両陛下は27日、神武天皇山陵(橿原市)を訪れ、即位礼と大嘗祭(だいじょうさい)を終えたことを報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨まれた。

 神武天皇山陵では、モーニング姿でシルクハットを手にした天皇陛下が、御陵の前に設けられた祭壇に進み、玉串を祭壇にささげて深々と拝礼、祖先に即位を報告された。この後、明るいグレーの参拝服に身を包んだ皇后さまも同様に拝礼された。

 神武天皇山陵は畝傍山の北東麓にあり、円墳に方形の濠(ほり)が巡る。第一鳥居には黒木が用いられている。

 県によると、ご訪問先や沿道では、延べ約1万4500人が出迎えた。神武天皇山陵からホテルに戻った際、皇后さまが玄関で振り返って手を振られると、沿道の人々から大きな歓声が沸いた。

 両陛下は昼食後、近鉄橿原神宮前駅へ。両陛下は名残りを惜しむように何度も足を止め、見送りの人々に手を振られた。荒井正吾知事らがホームで見送り、専用列車で京都へ出発された。

 お見送りした亀田忠彦橿原市長は、「天皇、皇后両陛下から『沿道で出迎えていただいた方々の心が、皆さんきれいでうれしかった』と言っていただいた。お迎えできて大変光栄だった」と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介