社会

建設中の県施設浮き上がる - 地下部分、最大12センチ 一部工事を休止/天理の「文化村」

地下構造物の浮き上がりが確認された、建設中の文化財修復・展示施設棟=天理市杣之内町(県提供) 拡大

 県が天理市杣之内町に整備する「なら歴史芸術文化村」で、建設中の4施設のうち文化財修復・展示施設棟の地下構造部分が最大で12センチ浮き上がる異常が発生、一部工事が休止されたことが19日、県の発表で分かった。施工業者が原因を調べているが、判明時期などの見通しは立っておらず、工期の遅れや工費の増大につながる懸念も出ている。

 建設工事が行われているのは、文化財修復・展示施設棟▽複合棟▽農村交流施設・伝統工芸施設棟▽情報提供施設・トイレ棟―の4施設。昨年7月から来年5月末までの予定で工事が進められている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介