総合

他の候補地検討も - 県との協議進まず/奈良市子どもセンター

 県総合医療センター移転に伴う奈良市平松周辺地区のまちづくりで県と市の協議が進展を見ない中、令和3年度中に同地区での「(仮称)子どもセンター」開設を目指す仲川元庸市長は1日、「平松地区が第1候補地だが、他の候補地を検討する時期にも来ている」と述べ、早急に結論を出す考えを示した。子どもセンター建設予定地が変更になったとしても、市が同まちづくり事業から撤退することはないが、公共施設を核に地域発展の絵を描こうとした奈良市側の計画は大きく崩れることになる。

 同地区のまちづくりは、平成29年度に同市七条西町に移転した県総合医療センターの跡地活用事業。敷地(4・3ヘクタール)は全て県有地で、27年に県市が結んだ「まちづくり連携事業」の一つ。県市と地元の3者によるまちづくり協議会はこれまでに13回開かれ、現在は市が「基本構想」策定の作業を進めている。今年3月には子どもセンターのほか、民間活力による地域包括支援センターや在宅医療・介護連携支援センターなど、地元が求める施策を盛り込んだ「市平松周辺地区まちづくり基本構想」(素案)が示されていた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介