総合

水田守り豊作願う - 体験参加者も/天理で虫送り

たいまつを手に、田んぼ沿いの道を歩く虫送りの参加者=16日、天理市山田町 拡大

 たいまつを手に太鼓を打ち鳴らしながら歩く伝統行事「虫送り」が16日、天理市山田町で行われた。

 水田の害虫を追い払い、供養も兼ねて豊作を願う。農薬が普及するまで全国で行われていたが、県内では一部の地域に残るだけという。同町の行事は市無形民俗文化財に指定され、上山田、中山田、下山田の3地区で行われている。

 上山田地区では、同市教育委員会主催の「山田町の虫送り体験の会」の参加者も合流。暗くなった午後7時30分ごろから、たいまつを手にした行列が、鉦(かね)や太鼓を打ち鳴らして地域の道路やあぜ道などを巡行した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

創立30周年記念コンサートの招待券

プレゼント写真
提供元:木津川市音楽芸術協会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介