経済

県から4蔵元4点が金賞 - 平成30酒造年度全国新酒鑑評会

奈良豊澤酒造「豊祝」(同社提供) 拡大
稲田酒造の「黒松稲天」 拡大

 全国の酒造元が昨年醸造した新酒のコンテスト「平成30酒造年度全国新酒鑑評会」(酒類総合研究所、日本酒造組合中央会共催)の審査結果が発表された。県からは奈良豊澤酒造(奈良市、豊澤孝彦社長)の「豊祝」、稲田酒造(天理市、稲田光守代表社員)の「黒松稲天」、今西酒造(桜井市、今西将之代表)の「三諸杉」、長龍酒造広陵蔵(広陵町、飯田豊彦社長)の「長龍」の4蔵元4点が金賞を受賞した。

 国内最古で最大規模の鑑評会。清酒の製造技術と品質向上を目的に開かれている。今回は出品総数857点で、入賞は416点。うち金賞は237点だった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

「驚異と怪異―想像界の生きものたち」展の招待券

アメリカワシミミズクのカチーナ人形(アメリカ合衆国)=国立民族学博物館蔵(撮影・大道雪代)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介