社会

ガイドブックを出版 「奈良のミュージアム」53館掲載 - ”地域博物館”の大きな役割伝え 趣旨や見どころ解説/香芝・二上山博物館 館長の松田さん作成

県内53館のミュージアムの魅力を紹介する「奈良のミュージアム」 拡大

 県内のミュージアム(博物館・美術館)53館を紹介するガイドブック「奈良のミュージアム」(雄山閣)がこのほど出版された。著者は天理大学付属天理参考館特別顧問で香芝市二上山博物館長の松田真一さん(68)。松田さんは「県内には、いいミュージアムがいっぱいあるのを知ってほしい」と話す。

 松田さんは県立橿原考古学研究所研究部長、同研究所付属博物館長を経て、現職。「それぞれのミュージアムがどういう趣旨でつくられて、どこが見どころなのか」と、訪れたミュージアムを思い出しながら、4、5年前から書きとめていったという。

 「博物館、美術館には地域に根ざした伝統的な文化が紹介され、歴史的な遺産がある。『地域博物館』としての博物館は圧倒的に多く、そこに住む人々のアイデンティティー(自分が自分であるためのよすが)に関わるような問題で、役割は決して小さくない」

 松田さんは、観光の時はまず博物館に行くという。

 「その地域の歴史の大枠を踏まえることができて、地域を理解しやすい。軸のある、系統的な資料収集は非常に重要。奈良は遺跡が一級なので、博物館も注目される」という。

 地域の古い建物を有効活用したミュージアムも多い。博物館巡りのルートも紹介されている。携帯して出かけてみるのも楽しい。

 A5判224ページ。定価2000円(税別)。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

上野耕平サクソフォンコンサート招待券

上野耕平
提供元:学園前ホール
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介