総合

6月補正で予算化へ  - 県検討チーム初会合 専門家ら「問題なし」/県施設の耐震対策

 県有施設の耐震対策を考える県の検討チームが7日、県庁内で初会合を開いた。今後、建築や地震に関する専門家のアドバイスも受けて、耐震性能が国の基準を下回る施設の補強などを協議、優先順位をつけて6月補正で予算を確保するなど、具体的な対策の実施を進める。県有施設の中には、震度6強~7程度の地震で倒壊する危険性が指摘される建物もあり、早期の対応が求められている。

 検討チームは今年1月の定例記者会見で荒井正吾知事が設置を表明。末光大毅総務部長をリーダーとし、関係部・課長で構成する。検討項目の方針決定のため、ハード、ソフト両面にわたる建築構造や地震防災の専門家をアドバイザーとして委嘱する。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

谷川俊太郎の絵本「へいわとせんそう」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:3人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報