社会

前年よりやや増加 - 橿原神宮が最多114万人 皇位継承要因か/県内主要社寺の初詣客数

 県内の主な社寺4カ所(橿原神宮、大神神社、春日大社、信貴山朝護孫子寺)の三が日の初詣客数は、前年より総数で、やや増えたことが分かった(奈良新聞調べ)。

 最も多かったのは、橿原神宮の約114万人で、昨年より約4万人増加した。次いで大神神社の約57万2500人(前年比2万人減)、春日大社の約53万人(同)の順だった。橿原神宮の初詣客が増えたのは、今春の皇位継承を控えて、皇室ゆかりの神社であることが影響したとみられる。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

斉白石展の招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報