総合

過半数狙う自民 - 野党の動きに注目/2019県内選挙展望・県議選(1)

 任期満了(4月29日)に伴う県議選は知事選と並行して、統一地方選前半の3月29日告示、4月7日投開票で行われる。総定数は前回より1削減の43で実施。県内16選挙区に60人前後が立候補する見通しだ。7月に行われる参院選に向けた与野党の攻防もポイントになる。昨年末に県連組織を立ち上げた立憲民主党など、野党陣絵の動きに注目。一方、最大勢力の自民党は会派分裂の問題を抱えたままだ。選挙戦の構図が決まるまでには、まだまだ紆余曲折(うよきょくせつ)が予想される。

 候補擁立に向けた各党の動きを見ると、自民党は現職18人と新人1人の計19人を公認。生駒市選挙区(定数4)で現職1人が勇退を表明しており、後継候補として新人を充てる。このほか出馬予定の2人を公認して議席の過半数確保を目指す。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

お酒に合う一口揚げあられ

プレゼント写真
提供元:亀田製菓
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報