スポーツ

王座陥落の村田諒太、現役続行 - 「このまま終われない」

現役続行を表明する、WBAミドル級王座から陥落した村田諒太=4日、東京都新宿区の帝拳ジム 拡大

 10月に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座から陥落した村田諒太(32)=帝拳=が4日、東京都内で記者会見し、現役続行を表明した。「人生を振り返る時にあの試合が集大成でいいのかと考えた。もう一度世界の舞台に立てるボクサーになりたい。このまま終われない」と語った。

 村田は米ネバダ州ラスベガスで行われた2度目の防衛戦でロブ・ブラント(米国)に大差の判定負け。「終わった後は98パーセントぐらい、ほぼやめようと思った。自分のボクシングが情けないと思った」と明かした。周囲と相談し、徐々に再起への思いが強まったという。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪市立東洋陶磁美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド