総合

小惑星、巨大岩だけ新鮮な可能性 - 「おとひめ」と命名

探査機はやぶさ2の観測結果から分析した小惑星りゅうぐうの色味。南極にある巨大岩のおとひめ(下の矢印の部分)は青みが強い(JAXA・東京大など提供)ック院長提供) 拡大

 【ワシントン共同】小惑星りゅうぐうの南極にある巨大な岩の表面は、他の部分と比べて宇宙空間にさらされた時間が短く、比較的新鮮な可能性があることを、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などのチームが探査機はやぶさ2の観測で突き止めた。米テネシー州で開かれた学会で28日までに発表した。岩は後からりゅうぐうに付け加わったか、覆っていた表面部分がはがれ落ちたと推測される。

 チームはこの岩に、竜宮城を舞台とするおとぎ話の登場人物にちなみ「おとひめ」と名付けた。直径約900メートルのりゅうぐうの中でもおとひめは幅100メートル超とひときわ大きい。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ビルベリーの黒酢飲料

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド