総合

北海道南西沖地震から25年 - 奥尻島、犠牲者に黙とう

地震直後に津波に襲われ、残った家も火災で燃え尽きた奥尻島南部の青苗=1993年7月13日 拡大

 北海道と青森県で計230人の死者・行方不明者を出した北海道南西沖地震から12日で25年。津波に襲われ、最大の被災地となった北海道奥尻島(奥尻町)では、地震発生時刻の12時間前の午前10時17分、防災行政無線でサイレンが鳴らされ、島民らが黙とうをささげた。同日夜には海に灯籠を流すなどして犠牲者を悼む。

 津波と火災で350戸以上が全壊した島南部では、灯籠数十個を海に流すほか、岬にある慰霊碑の前で遺族らが千本のろうそくに火をともし、追悼メッセージを浮かび上がらせる。発生時刻には改めて黙とうする。

 地震は1993年7月12日午後10時17分に発生した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドラマー平井景の帰郷ライブの招待券

プレゼント写真
提供元:ブライトサンズレコード
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド