総合

松本元死刑囚、遺骨「海にまく」 - 四女側が意向、国に支援要請

 オウム真理教で教祖麻原彰晃を名乗った松本智津夫元死刑囚=執行時(63)=の遺骨について、元死刑囚の四女(29)側は11日、海にまく意向を示し、国側に支援を求める要請書を出した。

 松本元死刑囚は6日の執行前、四女に遺体を渡すよう伝え、四女も了承。遺体は9日に火葬された。四女とは別に、三女(35)らも引き取りを求めていることなどから、遺骨は当面、東京拘置所で保管される見通し。

 11日、東京都内で記者会見した四女の代理人滝本太郎弁護士は、四女と相談して、遺骨を粉状にして太平洋にまくと決めたと説明した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪市立東洋陶磁美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド