社会

鉢伏街道工事車両「全面通行禁止」へ - 鹿野園町対策協が方針

鹿野園町の対策協議会と市の市民生活部長、新斎苑建設推進課による「覚書」の協議が行われた=13日夜、奈良市鹿野園町の集会所 拡大

 奈良市が同市横井町の山林で進めようとしている新斎苑(火葬場)整備に関連し、計画地周辺の鹿野園町の対策協議会(会長・竹中正彦自治会長)は13日夜、建設事業についての市との「覚書」を巡る市担当課との協議の中で、「鉢伏街道」の工事関係車両の「全面通行禁止」を明確に打ち出した。市は民家の多い道路西側からの進入を避け、人家の少ない田原町方面(東側)から計画地に入る工事ルートを要望したが、対策協は「交渉の余地はない」としている。

 ▽履行

 「われわれが要望しているのは、市が当初地元に説明していた案に戻せということ。ただそれだけだ…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド