社会

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案

奈良市の放課後学童保育で、来年度から夏休みなどの昼食提供が始まる(市提供) 拡大

 奈良市は全市立小学校で実施している放課後学童保育「バンビーホーム」で、夏休みなど長期休暇中の昼食提供を始める。市が22日に発表した平成33年度当初予算案に事業費7170万円を盛り込んだ。バンビーでは、夏休みなど子どもが弁当やパンなど昼食を持参しており、保護者から昼食サービスの実施を求める声が上がっていた。仲川元庸市長は放課後の児童の預かり時間を通常の午後5時から、延長保育で最大7時まで拡大するなど子育て支援に力を入れており、市長は「その一環」としている。

 同市内では43小学校区で全学年を対象にバンビーホーム(公設公営39カ所、公設民営4カ所)を運営。共稼ぎ世帯などの増加に伴い、利用児童は年々増加傾向にあり、平成28年度には3000人を突破。今年5月1日現在で3195人となっている。バンビーは日曜、祝日を除いて開かれているが、夏休みなど長期休暇の場合は高学年の児童の利用も増え、本年度も7月で3853人、8月には3934人と通常より多くなっていた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カメラムック「花の新しい撮り方」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド