社会

本物の浮世絵 間近で - 28日まで五條で

ゴッホ作品の背景で用いられた「三浦屋の高尾」(手前)などが並ぶ会場=10日、五條市新町2の大野屋 拡大

 江戸時代後・末期(19世紀前半)を代表する浮世絵師の歌川国貞(のちの三代目歌川豊国)らの役者絵、人物画など9点を公開する「浮世絵展―五條新町から世界へ」が、五條市新町2丁目の大野屋で開かれている。28日まで。

 社会福祉法人正和会(同市)が企画。交流のある県内のボランティアサークル「心の森」代表の垣下典永さんの紹介で、垣下さんの弟で長野市を拠点に活動する浮世絵研究家の和之さんが作品を提供した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「リカちゃんからのお手紙」の申し込みクーポン券

プレゼント写真
提供元:イクスネット
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド