総合

巻き起こるか「希望ブーム」 - 衆院選2107

実質スタートした衆院選。希望の党の公認を得て街頭に立つ前職=5日、生駒市の近鉄生駒駅開札前 拡大

 希望の党(代表・小池百合子東京都知事)の第1次公認発表を受けて、県内3小選挙区の対決構図が、ほぼ固まった。希望は週内にも衆院選公約をまとめ発表するが、同時に公認候補者らを通し有権者は党のありさまを探っていくことになる。「民進党の看板の架け替え」。他党の冷ややかな声も聞かれる中、県内でも新党ブームは巻き起こるのか。

 ■「風頼み」否定

 県内の小選挙区が4から3に削減されて初めての総選挙。5日早朝、新たに1区に編入された生駒市の近鉄生駒駅前では、旧1区の前職(57)が、希望公認が決まって以降、初めて街頭に立った…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド