総合

馬淵ら希望に公認申請 - 合流方針を説明/民進県連が常任幹事会

「政権交代可能な政党の枠組み」に意欲を語る民進党県連の馬淵代表(左)と藤野幹事長=29日、奈良市法華寺町の民進党県連本部 拡大

 衆院解散を受けて民進党県連は29日、奈良市法華寺町の県連本部で常任幹事会を開き、前衆院議員の馬淵澄夫県連代表(57)が、元参院議員の前川清成氏(54)ら出席者10人に、党両院議員総会で決定した新党「希望の党」への合流方針を説明した。幹事会終了後、藤野良次幹事長と記者会見した馬淵代表は「これは事実上の解党。万感胸に迫るが、『政権交代可能な政党の枠組みをつくるため、名を捨て実を取る』との前原誠司代表の判断に従う」との考えを明らかにした。

 馬淵代表によれば、民進党は県連組織や地方議員、サポーターはそのまま存続させ、衆院選は希望の党を前面に押し立てて戦う。県連や各総支部の処遇については「選挙後に決まる」との見通しを示した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド