総合

民進、希望に「合流」へ - 馬淵、前川氏対応注目/衆院選2017

 民進党の前原誠司代表は10月の衆院選に関し、党所属の衆院議員らが新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事)に公認申請し、同党から立候補することを認める方針を固めた。28日の両院議員総会で自らの考えを表明する。複数の関係者が27日、明らかにした。大量の議員が新党入りを目指すとみられ、事実上の合流となりそうだ。ただ、小池氏は公認対象を選別する意向を示している。民進党県連にはまだ方針が示されていないとみられるが、同党は県1区に現職の馬淵澄夫氏、2区に前参院議員の前川清成氏の公認を決めており、今後の対応が注目されることになる。

 前原氏は両院総会で対応の一任を得たい意向だ。知名度の高い小池氏の後押しを得ながら衆院小選挙区で政権与党と「1対1」の構図をつくり、政権批判票が分散しないようにする狙いがある。小池氏は候補者の大量擁立が可能となる一方、「第2民進党」との指摘も受けかねない。総選挙は10月10日公示―22日投開票の日程。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド