社会

眼前で文化財修復 - 元文研が施設見学会

ガラス越しに修復作業を見学する参加者=20日、奈良市南肘塚町の元興寺文化財研究所総合文化財センター 拡大

 今年、創立50周年を迎えた元興寺文化財研究所(辻村泰善理事長)は、文化財の保存処理や修復などの拠点施設「総合文化財センター」(奈良市南肘塚町)の施設見学会を行っている。実際の作業現場を見学できる保存科学や考古学分野の研究所は全国的にも珍しく好評だ。20日には今年度2回目の個人見学会が実施された。

 同研究所は、民間では唯一の総合的な文化財研究所で昭和42年に設立。元興寺境内本部棟(奈良市中院町)と保存科学センター(生駒市元町2丁目)に分散していた研究施設を移転統合した総合文化財センターが昨年12月にオープンした。現在は全国から集まる文化財の修復作業などを年間約200件行っている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド