総合

市政改革を加速 - 暮らしやすい市へ/仲川市長所信表明

 奈良市議会の9月定例会は7日、開会。7月の市長選で3選を果たした仲川元庸市長が所信表明を行い、「市政改革をさらに加速させるとともに、より暮らしやすい市を目指し、五つのテーマの達成に向け市政運営を進める」と決意を述べた。会期は28日まで会期22日間。平成28年度の決算報告を基に市の財政問題や、総額76億円に上る新斎苑(火葬場)の債務負担行為等をめぐり、厳しい論争が予想される。

 所信表明で仲川市長は「公社解散や火葬場建設に向けて取り組み、長年の諸課題に一歩を踏み出すことができた」と、これまでの実績を振り返り、「市政改革の流れを逆行させず、より力強く前進させるのが使命と選挙で痛感した」と述べた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

眼鏡拭きや脂取りに使えるマルチクロス

プレゼント写真
提供元:愛眼
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド