総合

放置で危険箇所も - 屯鶴峯の地下壕保存/風化に抗う(2)戦争を語る 残す人たち

地下壕の内部は照明もなく真っ暗。かなり奥まで豪が続いている=香芝市穴虫 拡大

 香芝市穴虫の「屯鶴峯(どんづるぼう)」の地下に巨大なトンネルがある。この景勝地は白色凝灰岩が露出した地形で、二上山の噴火により堆積した火山灰が地殻変動や侵食を繰り返して形作られ、県天然記念物に指定されている。

 一方、地下トンネル(豪=ごう)は残された資料などから旧日本軍が昭和20年6月から8月15日までに掘削したと考えられる。当時、想定されていた本土決戦が近づく中、米軍の本土侵攻に対抗するため、陸軍の航空総軍戦闘指令所として建設されたらしい。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド