総合

孫世代 受け継ぐ - 風化に抗う(1)/戦争を語る 残す人たち

県遺族会青年部の設立準備に奔走した宮本部長(左)と丸森副部長=奈良市古市町の県護国神社 拡大

 太平洋戦争が終結して、今年で72年を迎える。戦争体験者が減っていく中で、当時の記憶をどう次世代へ継承していくのか、改めて問われている。世代を継いで、戦争や戦没者のことを人々に正しく伝えようとする県内の取り組みを紹介する。

 戦没者の遺族らでつくる県遺族会(中井靖教会長)が今春、戦没者の孫やひ孫の世代による「青年部」を発足させた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド