社会

「かかし」で町のにぎわい - 名画の再現などユニークさ話題/安堵

天理軽便鉄道の駅のホームをかかしで再現=安堵町東安堵 拡大
クラーク博士像を模したかかしと同じポーズで写真撮影=安堵町窪田 拡大

 かつて町内を運行していた天理軽便鉄道のホームで電車を待つ人々、ミレーの絵画「落穂拾い」の再現など、安堵町の各所にユニークなかかしが展示されている。町の活性化につなげたいと町民らが始めたプロジェクトで、現在、約60体のかかしを設置。インターネットで見て遠方から訪れる人もいると言い、町のにぎわいづくりに一役買っている。

 同町のふとん製造業、森中茂さん(66)が、4、5年前から廃棄するふとんを使って稲刈り後の田んぼに変り種のかかしを置き出したのが始まり。昨秋に「落穂拾い」を模したかかしを設置するとインターネット上で話題となり、神戸や三重など遠方から撮影に訪れる人も増えた。

 昨年10月には区長会や消防団など町内の22団体で「オブジェ『案山子(かかし)』制作展示事業実行委員会」を発足。各団体がボランティアで約60体のかかしを制作し、休耕田や公園などに設置している。

 同町の人口は平成7年には約8900人だったが、8月1日現在の町人口は約7500人に減少。

 同委員会会長も務める森中さんは「安堵は富本憲吉ら著名人を輩出し、歴史・文化資源もたくさんある。かかしで人を呼び込み、経済効果も生まれるようにして町を活性化していきたい」と話す。

 同プロジェクトは「かかしも含めて町人口1万人」を目指しており、さらにかかしを増やしていく予定。同委員会は材料となる古着やくつ、木材などの提供を募っている。

 問い合わせは町産業建設課、電話0743(57)1511。 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド