総合

現職、8日にも表明か - 混迷の奈良市長選(上)

ゴールデンウイークの昼下がり、突然駅前で市政報告を始めた現職仲川氏。出馬の意欲は満々だ=4日、奈良市の近鉄西大寺駅北口 拡大

 任期満了に伴い、7月2日告示・9日投開票の奈良市長選は、7人が乱立した前回と様相は一変。2カ月を切った今もだれも立候補表明しない異例の事態が続いている。ただ、週明けには現職仲川元庸氏(41)が出馬会見を開くと見られ、8日を軸に日程調整しているとの情報もある。16日には市選挙管理委員会が市長・市議(定数39)ダブル選の立候補者説明会を予定しており、周辺も慌ただしくなりそうだ。



 ■進退「熟慮」



 4日午後。近鉄西大寺駅前に突然現れた仲川氏はマイクを手に市政報告。こう実績をアピールした。「市の長年の念願、歴代市長が手を付けられなかった新斎苑(火葬場)。それがあと一歩、もう一歩のところ来ま…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド