経済

味や香り…出来栄え審査 - 各蔵の個性尊重/県新酒研究会

香りや味などを評価する審査員=28日、大和高田市の県産業会館 拡大

 県産酒の出来栄えを確かめる、県酒造組合(芳村隆博会長、30社)の「県新酒研究会」が28日、大和高田市幸町の県産業会館で開かれた。県内の酒造会社23社が72点の新酒を出品。大阪国税局鑑定官、県産業振興総合センター研究員ら専門家6人が審査した。

 県産酒の品質向上を目的に毎年開催。審査は、平成28年度(昨年7月から今年6月)に醸造された、吟醸(大吟醸を含む)▽純米吟醸(純米大吟醸を含む)▽純米―の3品目で実施された。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド