社会

大和木綿の変遷紹介 - 大和絣の見本なども/葛城市歴史博物館で冬季企画展

大和木綿の製品などが展示されている特別展示室=葛城市忍海の同市歴史博物館 拡大

 葛城市歴史博物館の冬季企画展「大和木綿」が、同市忍海の同館で開かれている。3月12日まで。

 同市周辺では古くから綿が栽培され、それを原料に生産される大和木綿は全国屈指の品質で知られた。現在は輸入品にとって変わられたが、繊維産業の発展につながった。また、綿は大和高田商工会議所の「さくらコットン」など地場産品として生産が続けられている。

 また、大和絣(がすり)は一部を染色した糸の織り方で幾何学模様を描き、白絣は白地に紺などの模様の入った着物。しかし、繊細な手作業で、機械化に不向きだったことから昭和40年代になると後継者難となり、衰退していった。

 同展では、江戸から昭和初期の浴衣や羽織、着物といった大和木綿、大和絣の見本、染色の染板や絣糸など計約50点が展示される(一部展示替えあり)。

 午前9時から午後5時開館。火曜と第2・4水曜休館。観覧料は大人200円、高校・大学生100円、小中学生50円。

 3月11日には、県立民俗博物館の横山浩子学芸係長による記念講演「大和がすり」がある。聴講無料。定員200人。事前申し込みが必要。

 申し込み、問い合わせは同館、電話0745(64)1414。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド